淳風塾の考え方
 
テレビ出演
 
1 淳風塾の動画
 これが淳風塾
 
 バレェ編
 
 美人姉妹編
 
 美人姉妹続編
 
2 淳風塾とは
 淳風塾の方向
 
 目指す授業
 
 理由なき談笑
 
 コース紹介
 
 Q&A
 
3 淳風塾の実績
 定期試験実績
 
 驚異の上昇
 
 合格実績
 
4 淳風クラブ
 塾長の独り言
 
 理由なき談笑
 
  淳風タイムズ
 
5 関係者の声
 合格の喜び
 
 保護者の声
 
 生徒の声
 
 卒業生の声
 
6 休憩室
 ウソ・ホント
 
 運勢占い
 
 動物日記
 
 秘密の日記
 
7 マスコミ報道
 マスコミ報道
 
リンク
チキンハウスバナー

 受験で学ぶものは何だろう?     バックナンバー

 受験シーズン到来。大学の推薦入試が第一弾。続いて中学入試、私立高校入試、私立大学入試、国公立高校、大学入試とやってくる。受験生とその保護者にとっては成績に一喜一憂する時期である。

 得点が上がった、下がった、あるいは順位が上がった、下がったと喜んだり、落ち込んだりする時期である。しかし、どんなに一喜一憂しても結果は決して良くはならない。

 むしろ、そういう不安定な気持ちで勉強する方が効果ははるかに低い特に保護者の気持ちが揺れ動けば揺れ動くほど、子どもはさらに不安に陥る。その結果、ますます子どもの不安は増し、勉強への集中力は削がれる。誤解を怖れずに言えば、そういう保護者は子どもの足を引っ張っていることになる。

 目的に向かって、今できる最大限の努力を尽くすことが大切なのである。それを陰で支えるのが保護者の役目である。たとえ入試に失敗しても決して人生の敗北を意味しない。80有余年の人生において、入試は単なるプロローグに過ぎない。

 何度も指摘しているように、学歴社会と言われて久しいが、現在は従来型の学歴社会ではない。大卒が小数派であった時代には、一定の大学を卒業するだけで評価された。
 
 しかし、50%を越える人が大卒である現在、大学卒というだけで優遇されることはない。世間で言う有名大学を卒業しても就職がない時代である。答えが一つのペーパーテストが強いだけでは、社会ではまったく通用しない。

 もちろん、一定以上の知識を有することは、社会の中で活躍するには必要不可欠要素であるのは事実である。それなくして企業の中でバリバリ仕事をこなすことは出来ない。数学的に言えば、一定の知識=学歴は、必要条件であって十分条件ではない。

 目標に向かって努力できる強い気持ち、集団の中で生きていける対人関係の力、換言すれば自分の考えを正しく相手に伝えられ、相手の考えを正しく共感的に理解できる、いわば人間力が備わっていないと社会では弾かれるのである。

 良い中学、良い高校、良い大学を卒業し、良い会社に就職することが、直接に将来に結びつかなくなっているのだ。それだけで通用するほど甘くはない。現在の社会は目まぐるしく変化が起きている。

 もっと言えば、現在の大企業が20年先に存続する保証はどこにもない。今まで絶対的な安全圏と考えられていた公務員でさえ、今後は大きな変革の波を受けるであろう。

 国際化の波は、まるでうねりのように日本社会を襲っている。頼りになるのは自分自身だけであり、どんな環境でも生きていける逞しさが、今後は最も必要とされる時代に入っている。

 「無限の可能性がある」と言われて育てられた現代っ子は、ともすれば自己評価が高い。また、保護者も「我が子が無限に伸びる」という言葉を誤解していることも多い。「無限に伸びる」とは他の人との関係ではなく、その子においてである。

 昨日より今日、今日より明日が伸びるのである。1年前よりずっと成長している事実がそれを証明している。 誤解に基づく自己評価の結果、自己評価と社会の評価には大きなギャップが存在する場合も多い。これが最近起きる事件の一因ではないかとも思う。

 受験を通して子どもたちが身に着けてほしいのは、考える力であり、人間力である。自分の頭で考え、自分の力でやり遂げようとする気力がなければ、厳しい時代、カオスの時代には生き残れない。

 受験はまさにその試金石といえないであろうか?

 2011年12月の再掲載です


2020年01月