淳風塾の考え方
 夏季講習会
淳風タイムズ
ウソのようなホントの話
塾長の独り言
テレビ出演
リンク
チキンハウスバナー

  ー夏季講習会ーこの夏は、君の夏!
     約40日間の夏休み
    上がる夏 それとも 下がる夏
  夏期講習会は7月20日スタート

★特典 正規入塾時に1万円値引き

 この40日間の過ごし方によって2学期以降が大きく左右されます。勉強もスポーツと同じで、40日間勉強に触れることが少なければ力は確実に落ちます。一方で、頑張った生徒は当然ですが力をつけます。その差は極めて大きいのです。「塾はどこも同じ」と言う人がいます。そういう人に限って「高校はどこでも同じ」「大学はどこでも同じ」と言わないのが不思議です。「塾」という名称は同じでも、その内容はまったく違うのです。この夏に塾に行こうと考えている君!君の人生を大きく左右するのです。いろんな塾をしっかり調べましょう。

 ー夏季講習会ー宿題の答え合わせで大丈夫?

★ 小学生はやや難しい問題にチャレンジ

 この夏に基礎だけでなく、難しい問題にも挑戦したいと考えている君!淳風塾はそんな君の要望に応えるためにオリジナルの教材を用意しています。宿題の解説と称した答え合わせではない授業で、君の1ランクアップを応援します。夏季講習会では1ランク、2ランク上の問題に果敢に挑戦してみませんか?

★ 中学生は復習と9月からの先取りの授業

 1学期の内容を今一度確実な復習をしたいと考えている君に朗報!2016年から新たなシステムを築きました。今まではどんどん前に進んでいた授業を、夏季講習会では復習をメインにしながら、夏休み以降の内容をも加えた授業を行います。今まで分からなかったところを、少人数クラス編成で、しかも個別指導の要素を取り入れたハイブリッドの授業で指導。「山のような宿題システム」にうんざりしている君の「塾のイメージ」が大きく変わると確信しています。また、中3は復習と新学期の内容を、バランスを取りながら、君の入試を応援します。また、正規入塾者は夏休み以降の準備の授業も行います。復習と予習で9月に一気にダッシュを目指します。 

★ 中学3年生は受験準備と9月に向けて!

 中学3年生はこの夏で入試が大きく左右されます。内申点対策だけでなく、本番の入試で点を取らなければ合格できません。淳風塾では、アルバイト中心の指導ではなく、国立大卒、海外留学経験の社員が本格的な指導をします。個別指導・集団指導の形式を変えても効果が大きく変わるものではありません。指導者によって大きく生徒は変わるのです。 

 ー夏季講習会ー今日が明日をつくる

君が主人公 一人ひとりが輝く少人数クラス
 普通の子が364点⇒454点 

 1クラスの人数が多いと、教師が一人ひとりの生徒に目が届かないだけでなく、私語などの甘えが生じる恐れすらあります。逆に、家庭教師などの1:1では教師の目は届きますが、逆に「教師」と「子ども」との甘えが生じる現実が多くあるようです。淳風塾では両者の利点を取り入れた少人数クラス編成で、ハイブリッド授業です、これは抽象的な議論ではなく、30年を越える経験に裏打ちされたものです。


授業が違う 基礎から解きおこす授業
  普通の子が327点⇒424点 

 どの教科でも小学校からの基礎の上に成り立っています。分からない単元はその時点だけではなく、2年前にさかのぼらなければ理解できない場合が多いのです。教師は医者と同じようなものです。その子の理解できない原因を見抜き、的確に指導する必要があります。山のような宿題を出して、授業といえば「解説と称した答え合わせ」だけ。これでは分からない生徒は置き去りにされることになりかねません。


教師が違う 社員は国立大卒&海外留学経験
  普通の子が347点⇒459点 
 塾教師を募集に応募する方の中には現役の塾教師もいます。驚くことに、そういう経歴でありながら問題がまともに解けない方がいるのも事実です。今まで「答えを読んでいただけ」ではないかと不安を感じさせます。こういう教師では、基礎から解きおこすなど望むべくもありません。ホームページでも分かっていただけるように、淳風塾では教師と生徒がフレンドリーに話します。勉強だけでなく、そこには信頼関係があるからです。


明日のために 大学を見据えた基礎力・応用力を
 普通の子が286点⇒424点 
 多くの生徒・保護者は大学入試を考えているようです。大学入試を大きく左右するのは英語です。淳風塾では中学校段階で約1000単語を、また各学年で約50の基本文と約100の熟語をマスターさせる独自のシステムです。これらは一気に覚えられるものではありません。どの教科書でも、重要な単語の大半が中1で出ています。また、文法の基礎はすべて中1です。目先のテストだけに一喜一憂していては大きく伸びるもではありません。

毎月コメント 毎月コメントを添えた成績表送付
 下位の子も259点⇒413点 

 「塾に行って来る」と保護者には言って、友達と遊ぶなどしてサボる生徒もときどきいます。淳風塾では無断欠席の場合は保護者に電話連絡しております。さらに、毎月出欠だけでなく、毎回の復習チェックの結果、月例実力テストの結果に加え、一人ひとり教師のコメントを添えて保護者にお送りしています。これにより、お子様の塾での授業の様子と、お子様の力をタイムリーに知ることができます。


豊富な情報 君の実力を的確にチェックする

 下位の子も254点⇒388点

 毎月実施する月例テストでは、その時期、その時期に必要なレベルの出題で実力の把握をしています。加えて中学受験の生徒には夏以降、広島・愛媛の各中学入試に合わせたそっくり模擬試験を実施、中3には広島の公立入試そっくり模擬試験を実施します。30年を越える淳風塾のデータをもとに、12月か1月には三者懇談を行い、現状のお子様の現在の位置を的確に判断できます。


小学生こそ 文章は意味不明?小数計算苦手?
 上位の子は444点⇒464点

 どの科目も日本語で書かれています。たった1行の文章の意味が正しく理解できない生徒は意外に多いのです。これでは何を問われているのか分かりません。それだけでなく語彙数が少ないために、理科・社会を覚えることも苦手になります。また、算数の小数・分数計算ができない場合、理科1分野の計算もできないことになります。学校の授業数の減少以来、基礎が出来ていない生徒が想像以上に多い現実があります。


すべて覚える? 内容を全部覚えるのは超人的
 上位の子は436点⇒458点

 「全部覚えなさい!」 保護者の中にはいとも簡単におっしゃる方がいます。しかし、そんなことが可能でしょうか?中学生の場合は受験の5科目。これらの指導内容をすべて覚えきれるものではありません。淳風塾ではコンパクトなまとめを完璧に覚えさせる仕組みです。一般的に入試では、内容の2割の中から8割出題されます。無理・無駄のない指導こそ、まさしく塾のノウハウそのものと言えます。


内申点は大丈夫? 中1で思わしくなければ…
 上位の子432点⇒463点 

 入試結果を大きく左右する内申点は中1からの学年成績の合計です。広島の市内上位校を目指す場合、最低でも内申点は(成績表)4平均は必要でしょう。中1で成績が3平均の子に例をとると、必要な内申点を確保するためには中2、中3で4.5以上確保することが必要になります。入試は「何となく頑張れば」という感覚的なものでなく、数字で表される結果そのものなのです。


長いつながり 卒業生の子どもも通う塾
 上位の子422点⇒471点

 「就職が決まりました」「結婚します」-そういった時だけでなく、普段からたびたび卒業生が顔を出します。卒業生が「塾に遊びに行く」というと、「変な塾ねぇ」と友人から言われるようです。卒業してからも遊びに来る塾がどれだけあるでしょうか?さらに卒業生のお子様が何人も通っています。「自分の子どもも行かせたい」と思っていただける塾がどれだけあるでしょうか?淳風塾は卒業生の故郷の一つになっています。

★ 夏季講習会の日程・開講学年は教室によって異なります。

ちょっと待て!車はすぐに止まれない!
            点はすぐには上がらない!

 淳風塾の定期対策は約40年のノウハウが詰まっています。しかし、基礎が身についていなければ、どんなに出る問題を的中させても、できない生徒もいます。学年が上がるに連れてその傾向は強くなります。定期試験調整だけ受けたのでは決して高い得点が出るものではありません。普段、スポーツをやっていない人が、試合の前だけ練習してもいい結果を生まないのとまったく同じです。