淳風塾の考え方
淳風タイムズ
ウソのようなホントの話
塾長の独り言
テレビ出演
リンク
チキンハウスバナー

ー2020年から大学入試が変わるー
 英語は聞く、話すができなくては!

 バイリンガルによる英語の授業

★ 大学入試の大変革!(現高1から)

 従来の読む、書く中心の英語から、聞く、話す中心の英語に移行します。それは遠い未来ではなく、2020年の大学入試から実施されます。もちろん、読む、書くの力は必要です。
 
 しかし、急激に進む国際化の中で、話す、聞くの力が必要となったのです。日本でも、会議は英語でする企業がどんどん増えています。

★ バイリンガルによる英語の授業(広島本部教室)

 淳風塾本部広島教室では、従来からバイリンガルによる英語の授業でしたが、現在では授業の一部を英語でやっています。世間には自称「英語がペラペラ話せる」人がいますが、日本に住んでいる多くの外国人の日本語を思い浮かべて下さい。本当に日本語をペラペラしゃべれるでしょうか?

 実はそれとまったく同じで、「自称英語ぺらぺら」はそれと同じパターンの方が多いのです。淳風塾のバイリンガル教師は、外国人も驚く美しい英語です。

★ 語学は一日にして成らず

 日本語もそうですが、語学は短期間で習得できるものではありません。また、特別にそれだけを勉強するには、強い意志が必要です。淳風塾では英語で授業をすることによって、無理・無駄なく生徒の耳に慣れさせます。

★ 小学生の授業も!

 小学生の国語の授業の一部を英語に変えて、英語で授業を実施しています。語学は早い方がはるかに有利です。大学入試対策だけでなく、今の子どもたちは普段の生活で英語が聞ける、話せることが必要な時代になります。語学は早ければ早いほど身に付きやすいのです。例えば、th、V, fなど日本語にない発音は、大人になってから身に着けるには、大変な努力が必要なのです。


  *詳しくはお電話で 082-255-7505